image

スリードロップスについて

おとなも、こどもも、みんなにいいこと

親の時間だって大事です。でも、そのために子どもにさびしい思いをさせていると悩んでしまうママたちも多いもの。自治体が運営する「学童保育」に預けるのもいいのですが、預かってもらえる時間が短いこと、指導員あたりの子どもの数が多いこと、習い事に通わせにくいことなど、今度は別の問題も出てきて悩みは増える一方です。

学童保育とおけいこ教室を融合させたスリードロップスでは、少人数制でお子さまをお預かりし、夜7時半まで、ベテランスタッフが一人一人を見守りながら、宿題の指導、各種おけいこの指導、生活習慣の指導、安心・安全な食事の提供まで「自分が家にいたら子どもにしてあげたいこと」をトータルでサポートいたします。

そして、子どもたちだけでなく、ママたちのよき相談相手でもありたいと考えています。子育てでお悩みのことなど、経験豊富なベテランママたちが、できる限りアドバイスさせていただきます。また、忙しいママたちにも趣味の時間を楽しんでいただけるよう、大人のためのおけいこ教室もご用意しています。

スリードロップスとは

マザー・テレサが残した有名な言葉があります。

「わたしたちのしていることは、大海の一滴にすぎません。ですが、もしこれをするのをやめれば、大海は一滴分小さくなるでしょう」

スリードロップスとは、「3つの滴(しずく)」。滴とは、思いやり、愛情のたとえです。3人でスタートするこの場所で、私たちがみなさんに注げる愛の滴はとても小さなものかもしれませんが、一人一人の力は小さくても大海に愛を注ぎ続けたい。保育に悩むママや子どもたちがホッとできる温かい環境をつくりたい。そんな思いを込めて名付けました。

代表のメッセージ すべてのママを応援します

小学生の子どもたちが安心して過ごせ、好きなおけいこも習える場所があったらどんなにいいだろうと考え、スリードロップスを立ち上げました。

私自身も、演奏活動をしながら子育てする「働くママ」として、上の子の預け先に困った経験がありました。演奏会が近づくと、共演者との打ち合わせなど遅くなる日が続きますが、そんな時間まで対応していただける学童保育はなく、結局、シッターを利用するしかありませんでした。しかし、高い料金を支払っても宿題をみてもらえるわけでもなく、到底満足できる内容ではなかったのです。

その後、下の子が小学校に上がり、同級生5人が「ピアノを習いたい」と、週一回学校帰りにうちに集まるようになりました。順番にピアノのレッスンをし、待っている子どもは宿題をやったり、トランプやボードゲームで遊んだりするのです。そのうちに、子どもたちにもっと何かしてあげたくなり、手づくりの漢字プリントや百ます計算をさせたり、ときには夕飯を食べさせたりして、夜の7時、8時までお預かりすることが多くなりました。もちろん、働くお母さんたちは大喜び。子どもは子どもで時々ケンカもするけれど、お互いに成長できるいい時間が持てて楽しかったようです。結局、それが小学校卒業まで6年間続きました。

スリードロップスは、この経験の延長にあるものです。学校が終わったら、「お帰りなさい」と迎えてくれる安心できる場所で宿題をして、おけいこして、遊んで、食べて。帰ったら「お風呂に入って寝るだけ」なら、保護者だって安心です。この施設を通して、自立性と社会性、感性が育つ子どもたちの大切な時期を有意義に過ごすお手伝いができたらと考えています。そして、子育てに不安や限界を感じているすべてのママを応援していきたいと思っています。

スリードロップス代表 財津由美

image

ページトップへ戻る